ゼロウォッシャー[油膜除去タイプ]

ウィンドウガラスに付着した油膜をしっかり除去

品番: S-141
ゼロウォッシャー[油膜除去タイプ]
ゼロウォッシャー[油膜除去タイプ]
ゼロウォッシャー[油膜除去タイプ]

ゼロウォッシャー[油膜除去タイプ]

ウィンドウガラスに付着した油膜をしっかり除去

品番: S-141
内容量
Regular price ¥990 (税込)
/
在庫残り 8778
  • 10,000円以上で送料無料
  • 購入者全員にオリジナルマスクをプレゼント中!

ウィンドウガラスに付着した油膜をしっかり除去し、夜間や雨天時の不快な視界をクリアに。
原液使用時は-30℃まで凍らず、オールシーズンに対応。
中性タイプで、ワイパーやゴム、塗装などにも優しい成分配合。

内容量:2000ml

使用方法

原液でも薄めても使用可能(原液1:水2まで希釈して使用可能)オールシーズン対応
●ウォッシャータンクに他のウォッシャー液が残っている場合は、噴射してカラにします。(連続噴射やカラ状態での噴射は避けてください。)その後、ウォッシャータンクに水道水を適量入れてから噴射し、再度ウォッシャータンクをカラにしてください。
●他のウォッシャー液との混用は噴射ノズルやホース等の詰まり、液の白濁の原因となるので避けてください。
①注ぎ口の根元を掴みながら上に向け、キャップを回して開けてください。
②注ぎ口をウォッシャータンク注水口まで近づけます。
③液がこぼれないように注ぎ口をウォッシャータンク注水口に向け、ゆっくり指を離しながら注入してください。(必要に応じ水で希釈します。)
※希釈する際に地下水や井戸水を使用すると、シミの原因になるので避けてください。
※タンクに注入する際、塵・ホコリなどが入るとノズルが詰まる原因になるので注意してください。
※ウォッシャー液を噴射する時は、自動車の空調を内規循環に切り替えて使用してください。
※ガラス面が乾いた状態で使用すると、1回の噴射で白くなる場合があるので、連続噴射しワイピングを行ってください。

注意事項

●用途以外に使用しない。
●容器を強く持ってキャップを開けるとウォッシャー液が飛び出す恐れがあるため注意する。
●ワイパーが劣化していると、ウォッシャー液の性能を十分に発揮できないためワイパーを交換する。
●ワイパー作動範囲外に残る汚れはウォッシャー成分ではなく、フロントガラスに付着した汚れによるものです。
●塗装面に影響が出る恐れがあるため、炎天下での使用は避ける。
●噴射後にワイパー作動部分以外に飛び散ったウォッシャー液が乾燥するとシミになる恐れがあるので、早めに濡らして固く絞ったクロスなどで拭き取る。液剤が残ってしまった場合は、シュアラスター『スピリットクリーナー』『ゼロウィンドウ リセットプロ』での除去をお勧めします。
●再塗装や劣化した塗装の車両には使用しない。
●使用後は石けんでよく手を洗う。

最近見た商品